タイトル

子供服をサイズ選びに迷ったら

成長の早い子供の服は、将来のことを考えて大きめサイズにするか、現在の着やすさを重視してぴったりサイズにするか迷うことが多いですが、こうした場合には、まずその子供服の種類や用途でサイズを選ぶことが大切です。
たとえば、外遊びをする活発な子供の場合、大きめの服を着ていると、動きにくくて転倒したり、公園の遊具で遊ぶときに服の一部が遊具に引っかかったりするなど、怪我をする危険性が高くなるので、安全性を考慮すると、普段着として着るトレーナーやTシャツ、ズボンなどの子供服は、ぴったりサイズを選ぶべきです。
一方、お買い物などに出かけるときはあまり活発に動かないので、お出かけ用の子供服はワンサイズ大きめのものを購入することをお勧めします。
ぴったりサイズのものよりも長く着られる大きめの洋服ならば、見栄えのよい高価な子供服でも購入しやすいので、子供が可愛らしく見える服装を選んで着せてあげましょう。
なお、普段着として使える子供服は、ネットショップでまとめ買いすれば安く購入できることが多いので、こうしたお店を活用して賢くお買い物をすることをお勧めします。

おすすめWEBサイト 5選

習い事

2019/1/24 更新